はじめてのカムアウト

今までわたしはどれだけ信頼している友人でも、自分が同性に惹かれることを伝えたことはありませんでした。

1年半前までそういう場にいったこともないし、もちろん恋人もいない状況だったので、自分の気持ちの中にはモヤモヤした悩みはあったものの特にそこを言わなくても楽しく会えていたからです。

ただ一年と少し前に恋人ができ、日常生活でのその比重が大きくなるにつれ、楽しかったことや悩みがそこ抜きではうまく伝えられなくなりました。
せっかく会うのに大切なことが話せないのはいやなので自然な流れで伝えたいなぁと思うようになりました。

そんな気持ちでいるところにタイミングよく地元の友人から東京へ遊びにくるよと連絡があり、2人で食事をすることに。

考え方も柔軟なひとなので話しても大丈夫だろうし、これからもずっと仲良くしたいなと思っているのでこんなチャンスはないぞと感じ、緊張で胃をきりきりさせながらも、ここは人生の踏ん張りどころだと伝えることにきめました。

会って仕事の話や共通の知り合いの近況などひととおり話すと、まぁ自然と最近どうなのよと恋愛方面の話題にうつります。
ここでわたしは言いたい気持ちと緊張とでモゴモゴ…、相手からしたら完全に何かあるよね、という反応です。

えーなに?!と最初は早く早くという感じで向こうも聞いてくるのですが、あまりなもわたしが言いにくそうにしている様子を察して、無理して言わないでいいよー、いろいろあるよね。いつか話したくなったら教えてね、と言ってくれました。優しいよ…。

ただここで言わずにいたら後悔するのが目に見えていたので、言いたいことをまとめたLINEをおずおずと差し出しました。(こうなりそうだったので準備してました)

読んでる顔は見れませんでした。

でもうん、うん、という優しい声は聞こえてきます。

読み終わったあとに、そうだったんだね、言ってくれて嬉しかったと言ってくれたことに心底ほっとして今の気持ちを話すことができました。

カミングアウトをすでにしている知り合いは、やっちゃえば意外と平気だよ、とよく言います。

それは頭では予想できるし、実際にやってみたらその通りでした。

でも、やっぱり自分の大切なことを伝えることは怖さと表裏一体です。
カミングアウトは平気だよとは私は人には言えませんし、やるやらないは完全に個人の自由、そして当然ですが伝えることがえらいことではないと思っています。
ただ今回話せたことは、本当によかったと思っています。

ちょっと今回ははじめてということで意気込んでしまったので、次回もし話すときにはもう少し普通に伝えたいです…笑 

セクシュアリティに限らず、自分の考えや感じ方をみんなが自然とはなせて、受け入れ合える世界になったらいいですよね。

年末年始に思うこと

あけましておめでとうございます。

年末年始の記録を残しておこうかなと、
久しぶりにブログを開きます。

年末年始は彼女(タロちゃんと呼びます)と近場で旅行しながら過ごしました。
今までは基本的に実家に帰り、
家族とお正月感あふれるお正月を
過ごしていたのでなんだか新鮮でした。
彼女は基本は長期休みが
取りにくい仕事なので、年末年始のおやすみは
貴重。実家に帰ってのんびりと家族と
過ごすお正月は大好きなのですが、
今年はタロちゃんと一緒に過ごそうと決めて
家族に年末年始は帰れないことを伝えました。
ただ、やっぱりさびしそうな反応で
申し訳なさがあり…。なので2月に帰省します。

江ノ島、鎌倉、横浜で水族館へ行ったり
ハイキングしたり、中華街散歩したりと
天気もよくて、のんびりと過ごしました。
ただ、あまりにも長い間いっしょにいたので
お互い自分の時間がないと
ストレスがたまるタイプなので、
ちょっと疲れてしまい帰ってから
小さなケンカはしましたが…。
まぁそこは仕様がない。


よく言われる、実家での結婚しないの攻撃が
面倒で帰省しないというのは
ラッキーなことに両親からはまったく
ありません。父方の祖母だけはテンプレのように
会う度に言いますがまぁほぼ会わないし、
軽く聞き流しているのでしゃあないなぁと
思うくらい。

今、彼女がいることを、というか
そもそもわたしが女性がすきなことをまったく
伝えていないので、そこをどうしていくかは
まだ答えがでていません。
考える度にゆれていて、すべて心の内を
話してできることなら彼女含めていい関係に
なりたいというのは一番の理想。
でも果たして、そこへたどり着くまでの
精神的な大変さを乗り越えられるのか
今はまだ自信がありません。

わたしは、自分自身がひとから否定されたり
きらわれることにとても弱く、臆病だと
わかってるのでどうなってもいいから
そこを乗り越える気合いをもって
カミングアウトという
気持ちになれないんです。
本音ではなるべく自分のまわりに波風を
起こしたくないし平和に生きていたい、
という感じで精神的に今はこちらが楽なので
そうしています。
でもこのままでいいのかな、いつか
向き合う必要があるだろうとは
思っているのですが…。
人生黒白はっきりつけられないことはたくさん
あるし、あえてグレーにしとくという選択も
あると考えるのは大人になったふりをして
諦めているのかな…。

なんだか、カミングアウトのことを
考えると暗くなってしまいいけませんな。

ただ、この間手相をみてもらったら
あなたの手相はとてもめずらしくて
変わった生き方をすると幸せになれると
はっきりと言われてしまいました(笑)
自分の中での折り合いがついたら
自然と前に進もうと思えるのかもしれません。

とりあえず年末年始のおやすみ自体は
とても楽しく過ごせました。

今年もよろしくお願いします。

井戸端な話

友人や同僚との雑談のなかで、
ザ☆井戸端会議に芸能人の話になることがある。
先日、あの芸能人の旦那さんは実はゲイで、奥さんはそれを分かっていて結婚してたらしいよ、別のあの夫婦の旦那さんは結婚後に目覚めたらしいよ、というようなまぁよくウワサになるような、でも事実は決して他人にはわからないことを話している場面に出くわした。

へー、と思いつつなんとなしに聞いていると、
そこから話は、「恋人に同性を好きになったと言われたらショックだよねー」(まぁそうだよね。同性に限らず自分とは別の人を好きになっちゃったらそりゃショックだよね)、「いや私は自分が目覚める可能性もあると思ってる!そうしたらすべての人が恋愛対象になって世界が広がるよ 」(すごいポジティブ! すべての人が恋愛がなることはないだろうけど、なんだかいいね)、「わたしは女子高だったけどないと思ったな~」(うん、そりゃストレートの人はそうでしょうな)などなど心の中で応えていた。

わたしは女性を好きになることも多いので、こういう話題ではなかなか発言することをためらってしまう。

もちろんウソをついて否定する必要は全くないし、かと言って本当のことを言うなんてこんな軽い雑談ではありえないし、一般論を言ってもなんだかちょっと変な感じになってしまいそうでとりあえずだまって聞くことがほとんどだ。
そしたらひとりのひとが、妙に距離が近いだけでも気持ち悪いわー、と。
うーん、そりゃそう思う人がいるのも当然で、個人の感覚なんだからどうしようもない。

でも近くにいる単に普通の顔して話を聞いてるだけに見えるひとが、地味に意外とテンションがさがっているなんて、想像もしてないんだろうな。

自分もきっと無意識のうちに、同じようなことをしてしまうことはあるだろうけど、色々なことを表には出さずとも感じているひとは思っている以上にたくさんいることを想像して話したいな、と思った雑談時間でした。

ひとり暮らしの快適さは凪状態をうむ

ひとり暮らしのよさ、私にとってそれは「自由であること」の一言に尽きる。

空間と時間の使い方を決めるのは自分自身だ。

好きなものに囲まれて、自分の使い勝手のいいようにものは配置され、

部屋の中でどれだけだらけていたとしても、何も言われることはない。

これはとても楽ではある。ただ、+-ゼロの状態だと最近はよく思う。

一人暮らし暦も約10年になると、家事にしても、日々の過ごし方にしても

自分の快適さを得る要領が分かりすぎてストレスフリーなのだ。

ストレスフリーならすばらしいじゃないか、と思うかもしれないが、

ストレスは「自分が影響を受ける刺激」なので適度なストレスはあったほうがいい。

 

ひとと住んでいると、否が応でも自分の生活に影響を受ける。

トイレやおふろに入りたいときに入れないかもしれない、

掃除をしたいのにイビキかいて寝転がってジャマかもしれない、

飲んで遅くなってこちらは寝ていても目が覚めてしまうかもしれない。

 

でも。

 

食べたことのない食事を作ってくれるかもしれない、

わたしが知らない映画を見始めて一緒に見ることになるかもしれない、

知らなかった掃除の方法を教えてくれるかもしれない。

 

他人と一緒に暮らすと、思い通りにいかなかったり

面倒くさいようなマイナス部分もあるに決まっているが、

自分ひとりでは知ることのないプラスの部分も必ずあるのだと思う。

一人暮らしの+-ゼロの平穏な状態と比べると、

+にも-にも触れ幅が大きな状態になる。

これは完全に性格によるのだと思うが、何かしらの刺激を求めて

新しいことを知ることが好きなタイプだと思う自分にとって、

ちょっと快適すぎる一人暮らしに飽きてきているのかもしれない。

飽きている・・うーん、いやそれだけではなくて単純に人恋しいのかも?

あと、ちょっとまずいなと思うのは自分のやり方が確立しすぎると

いろいろと凝り固まってしまいそうだから。

自分の中だけでの常識がいつの間にかでき、ルーティーン化していると

頭も使わなくなっている気がする。これは危ない・・。

 

学生時代に個室+共同のお風呂、キッチンという寮生活をしていたときや、

ホームステイで一年間過ごしたときには、この暮らし方は

ちょうどいいバランスだと感じていた。

自分の個室さえあれば、共同生活は少し不便なことがあったとしても、

特にいやなところはなく、むしろ様々な人と関われる環境は

楽しいことのほうが多かった。

きっと私に一番合っているのは、こういう暮らし方なんだろうな。

好きな人(恋愛だけの意味ではなく)とちょうどいい距離感で

いっしょに暮らすことができたらきっと面白いだろうな。

 

先日、二十代の最後の年になったことだし、三十代に入る踏み切り台の

ような心構えで、これからの自分はどういうふうに生きていきたいのかを

しっかりと考える年にしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レ・ロマネスクに惹かれます

f:id:pankro:20160522164342j:plain

どーん。すごいインパクトのこの方たち。
レ・ロマネスクのお二人です。

5/21に鶯谷東京キネマ倶楽部で開催された
単独ライブへ行ってきました。

元々はほぼ日で不定期連載している
『ひどい目』という
まさに、事実は小説よりも奇なりを
TOBIさんが地で行くコンテンツがおもしろく、
YouTubeをみてみたところ
インパクト大の曲とPVが頭から
離れなくなりました。

開場時間にキネマ倶楽部へ滑り込むと
ちょうど始まったようで歓声が。
会場はそんなに広くないので、
一階の一番後ろにいましたがよく見えました。

TOBIさんとMIYAさんのオーラがすごい。
あんなドピンクの衣装に頭には王冠なんて
色物感が半端ないですが、ほぼ日のコンテンツや
ライブ中のMCを聴いていると、
実はとってもマジメなんだろうなというのが
びしびし伝わってきます(笑)

ちいさな子どもも結構来ていましたが、
その子達がMC中に話しかけると、ついつい
返事する優しいTOBIさん。
実は同い年くらいのお子さんがいるらしい。

わかりやすい振り付け指導をしてくれて
みんなで踊れるテンションの上がる曲ばかりで
楽しかったなぁ。
ずっと笑い声が響く会場はとても
あたたかいムードでした。

秋には大阪公演を予定しているそうで、
東京も考え中とのこと。

また必ず行かなければ。

『ひどい目』もあわせてオススメです。
いや、こんなことって、の連続。https://www.1101.com/hidoime_tobi/index.html

わたしの一押し曲『祝っていた』
https://youtu.be/bwpzkDihqZc

転職して一年たって思うこと

わたしは約一年前に新卒で入った会社を退職し、
昔からファンだった
ウェブサービスの会社へ転職をしました。

退職した一番の理由は自分の話が
会社のグチばかりになってしまっていたから。

せっかく会った友だちと、
おもーいつまらない話ばかりしたくない!でも、
自分の気持ちの中での比重が
大きいことなので、ついついグチってしまう…
これを変えたかった。
また、激務すぎて体調もくずしかけていたので、
これ以上ここにいるとやばいぞと思い、
逃げ出しました。

一年たった今感じるのは
転職を決断して本当によかったということ。

残業は今も多いし、イレギュラー案件も
よくある職場ですが 、
仕事はやりがいがあり、尊敬できる方が多く、
まったく精神的に苦しくないんです。

一番の違いは責任と自由がしっかりと
社風にあるからかな。
前は自由が本当になかったな…。ワンマン社長に
逆らえない雰囲気が一番苦しかったので、
自分で決められることのありがたみを
つよく感じています。
あとは…美人でおもしろくて、この一年で
大好きになった先輩方が多いのも嬉しいとこです笑

自分の好きなことをやっていたら
結婚してなかったわー、という感じの
先輩も多く、この職場に
いるとわたしもしっかりその道を
歩んでいきそうな予感。

地元では結婚して子どもがいて、
というのがあるべきルートのように
どうしても感じやすいのですが、
いろんな生き方をしている同僚が
多いと、そんな偏った一般論から離れて、
自分で自分の進みたい道を考えられそうなので
ありがたい。

好きな人と結婚するのはとても羨ましいし
素敵なことだと思うのと同じくらいに、
結婚しないで自分の自由に暮らすのも
楽しそうだし、結婚しない場合でも
好きな人と一緒に暮らすことも
もちろんとても幸せだろうなと思います。

いろんな形の働き方、生き方があると
実感できたので、それだけでも転職して
本当によかった、よかった。

母の大きさ

母の日でしたね。

GWは実家に帰省しており
母とも食事にいったり
のんびりと過ごしていたこともあり
母の日に改めて何かをすることはなく、
東京に戻った後にお礼の
LINEを送ったくらいでした。

そのLINEに書いたこと。
いつも居心地良く帰りたくなる実家に
してくれてありがとう、ということです。

30手前である、私くらいの年だと、
友人の中には
実家に帰る度に、いい人はいないのか?
結婚はしないのか?と責められると
いう子が多くいます。
わたしが両親に感謝しているのは
いっさいそういうことを言わないこと。
特に母はずっと独身もありだし、
好きなようにしたらいいよと
私の意志を尊重してくれます。

昔からそうです。高校卒業後に
大学ではなく専門学校へ行きたいといったときも、
その後に改めて大学編入をしたいといったときも、
その思いが本当に考えたものであると
わかれば、思いを理解して私の進みたい方向を
応援してくれます。

実家が居心地がいいのはそんな母のおかげです。

というか、きっと何となく気付いている
ような気がします。わたしが男の人とのお付きあいや結婚への興味が薄いことに。

自分に関する恋愛絡みの話を昔から
ほとんどしたことはなかったですが、
それ以外のことはいろいろとほんとに
よく話すので、
勘の良い母は分かっていて、きっとあえて
触れないのかなと思います。
私が話すタイミングを待ってくれているような
気もします。

そんな母のおかげで
変なストレスなく、実家で過ごすことが
できました。
そのままの私を
大切にしてくれている母に
いつまでたっても
甘えているなぁと
感じた帰省だったのでした。