読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の大きさ

母の日でしたね。

GWは実家に帰省しており
母とも食事にいったり
のんびりと過ごしていたこともあり
母の日に改めて何かをすることはなく、
東京に戻った後にお礼の
LINEを送ったくらいでした。

そのLINEに書いたこと。
いつも居心地良く帰りたくなる実家に
してくれてありがとう、ということです。

30手前である、私くらいの年だと、
友人の中には
実家に帰る度に、いい人はいないのか?
結婚はしないのか?と責められると
いう子が多くいます。
わたしが両親に感謝しているのは
いっさいそういうことを言わないこと。
特に母はずっと独身もありだし、
好きなようにしたらいいよと
私の意志を尊重してくれます。

昔からそうです。高校卒業後に
大学ではなく専門学校へ行きたいといったときも、
その後に改めて大学編入をしたいといったときも、
その思いが本当に考えたものであると
わかれば、思いを理解して私の進みたい方向を
応援してくれます。

実家が居心地がいいのはそんな母のおかげです。

というか、きっと何となく気付いている
ような気がします。わたしが男の人とのお付きあいや結婚への興味が薄いことに。

自分に関する恋愛絡みの話を昔から
ほとんどしたことはなかったですが、
それ以外のことはいろいろとほんとに
よく話すので、
勘の良い母は分かっていて、きっとあえて
触れないのかなと思います。
私が話すタイミングを待ってくれているような
気もします。

そんな母のおかげで
変なストレスなく、実家で過ごすことが
できました。
そのままの私を
大切にしてくれている母に
いつまでたっても
甘えているなぁと
感じた帰省だったのでした。